臨床研修入局案内

北大病院放射線科領域専門研修プログラムでは、基幹施設である北大病院での最先端の診療と、関連病院での最前線での診療を組み合わせた研修を行っています。最初の3年間の専攻医プログラムでは画像診断・IVRに加えて放射線治療も研修して放射線科専門医を取得し、次の2年では画像診断・IVRのみを研修し、サブスペシャリティとして放射線診断専門医を目指します。

北大病院では、最新のCTやMRI、PET装置などを用いた高精細な解剖画像や機能画像を用いた高精度な画像診断技術を学ぶことができます。指導医とマンツーマンの指導体制であり、教科書に載っていない画像診断の奥義を会得してもらいます。

診断の様子1
診断の様子2

IVRでも国内屈指の技術を持つ指導医から指導を受け、一通りのIVR手技を経験し、IVR専門医も目指すことができます。

北海道内には多数の関連病院があり、それぞれの施設の特徴を生かした研修を行っています。主治医と密接に連携した高度な画像診断を主体にしている施設もあれば、IVRで患者さんの治療・救命を主体にしている施設もあり、志望する専門性に応じた研修先で豊富な症例を経験することができます。

北海道の放射線科医は全国的に見てとても少なく、札幌市内であっても放射線診断医がいない施設がありますので、引く手あまたです。
北の大地で、放射線診断を極めてみませんか?
指導医一同、皆さんの入局を心よりお待ちしています。

北海道大学 大学院医学研究院 放射線科学分野 画像診断学教室・教授
北海道大学放射線領域専門研修プログラム・統括責任者
工藤與亮

専攻医の募集要項など、詳しくは、こちらをご確認ください。